お問い合せ

住職の挨拶

  ★住職あいさつ

人生の旅路と云うものは、誰一人として同じ道を歩む人はおりません。その中で多くの人に出会い、多くの出来事に遭遇してその道のりを歩むものです。そして、そこで今生での多くの縁を結びます。その旅路を共に歩んだ共々は、深い縁で結ばれております。

現代社会は、通信技術をはじめ、諸分野において凄まじい勢いで変化しております。いつの時代においても、変化はこの世の理であります。仏教の諸行無常、すべての存在は流転変化の過程にあり、その中で私たちは生活しております。

  旅行では自分の目的地を決めてそのための準備をし、持ち物、着るものを決めて出発進行です。出発を自分で決めてから旅立ちます。しかし、人生の旅路のその出発点は、自分で決めてからだったでしょうか。命を頂いて知らずに出発してしまった、と思う時があるかもしれません。出発点、そして終着点は、・・・辿り着くところは、と思うものであります。

今生の終着点は、「死」を迎えるということ。それはこの与えられた生を、どう生きるか。ということであります。

因縁果報と云う言葉が仏教にはあります。因とは全ての出発点、そして縁とは様々な出会い、環境、それらが整って結果が生まれます。その結果から報いが生じます。私たちはこの循環の流れにあります。この旅路にある日常生活を思うとき、あらためて縁の有難さを感じるものであります。

 今現在、急速かつ大きく社会構造、価値観の変化が起こっております。縁を結ぶ多くの方々の生活の中にあって、依り所となる一寺院、一僧侶として勤めてまいりたく存じます。

住職 寺尾 是堯

  ★思うこと

思うこと葬式仏教というような言葉が、社会に広がり久しくなります。仏教本来の意義、僧侶としてのあり方が問われています。

 大切な方との別れは、生きるということに気づかされる時でもあります。死を迎えるまでの今生での「生」、その時間を深く思う時であると思います。 “死”は 終わりではなく、新たなる旅立ちの時であります。死を恐ろしいものととらえるのではなく、まさに生あるものの自然の摂理であります。 その「生」の時間を実感し、心を導く教えが仏教には詰まっています。その教えをお伝えしていくのが僧侶、寺院の勤めであると切に思います。 葬儀、年忌供養の時、お寺の年中行事、少しでもお伝え出来ること、そして心の休息、心穏やかな生活を送れるよう微力ながらでもお役に立てるよう勤めることが地域にある寺院の役目であると思います。 平成26年8月7日には当山開山500年の節目を迎え、縁深き皆様のお力添えを頂き、書院客殿の建設をはじめ境内が整えられました。お寺預かる住職として、新たなる気持ちをもち精進してゆきたいと存じます。

林正山 妙善寺 開山

当山は総本山身延山久遠寺第13世宝聚院日傳上人の高弟「林正院日躰上人」開山のお寺であります。師匠日傳上人の教えを受け、広く衆生救済のため法華修行の道場を開くべく身延をたち諸国行脚(あんぎゃ)しました。

静岡県富士宮市のお寺【妙善寺】

富士宮市にあるお寺・日蓮宗の林正山 妙善寺です。 総本山身延山久遠寺第13世宝聚院日傳上人の高弟「林正院日躰上人」開山の妙善寺では、永代供養お墓のご相談や、お寺での葬儀葬式のご相談を承っております。 お墓をお探しの方もぜひご相談ください。 様々な年中行事を行っておりますので、たくさんの方のご来寺をお待ちしております。

林正山 妙善寺

林正山 妙善寺

〒418-0047 静岡県富士宮市青木910−1
TEL:0544-58-1158

contact@myouzenji.org